泥・シミも真っ白に!ウタマロ石けんのパワーを引き出す使い方

泥・シミも真っ白に!ウタマロ石けんのパワーを引き出す使い方ウタマロ石けん

ウタマロ石けんを初めて使った時「固形の石けんってどうやって使うの?」と疑問だらけでした💦

でも使っていくうちに基本の使い方はすぐにマスターできたし、いろんな使い方を知ってると汚れごとに対応できることもわかってきました🎵✨

ガンコな泥汚れやシミが落とせずにいる方!
ぜひ最後まで読んでみてください😁

スポンサーリンク

ウタマロ石けんは「部分洗い用洗濯石鹸」

ウタマロシリーズには用途ごとにいろんなタイプの石けんがあります。

  • ウタマロ石けん(部分洗い用洗濯石鹸)
  • ウタマロリキッド(部分洗い用液体洗剤)
  • ウタマロクリーナー(中性のマルチクリーナー)
  • ウタマロキッチン(食器洗い用洗剤)

口コミでは全部まとめて「ウタマロ石けん」として紹介されることも多いから、ウタマロ初心者の時は混乱した記憶があります😂

今回紹介するのはウタマロ石けんの本家!
部分洗い用の固形タイプの洗濯石鹸。

掌サイズのウタマロ石けん

昔から薬局でも売られてるので、見たことある!っていう人も多いと思います。

ウタマロ石けん
ウタマロ
¥555 (¥185 / 個)(2022/04/01 15:24時点)
スポンサーリンク

ウタマロ石けんを使う時に用意するもの

メインで用意するものは2つ。

  • ウタマロ石けん
  • 洗面器、バケツなど水がためれる容器

あと個人的にはゴム手袋とか洗濯版もあると便利かなって思います!

ウタマロ石けんは手肌に優しいって言われてるけど、固形から泡立てるまでにも時間がかかるからか、体感的にウタマロクリーナーより手が乾燥しやすい気がします。

なので敏感肌の方はゴム手袋があった方が安心。

洗濯版はあった方がゴシゴシするのが楽です😁

ウタマロ石けんの基本的な使い方

使い方はごくシンプルなんだけど、初めて使う時は目を通してみてください🎵

ウタマロ石けんの使い方
  • STEP1
    汚れ部分を水で濡らす

    石けんを衣類に塗りやすくするため、汚れが気になる部分に水分を含ませます

  • STEP2
    ウタマロ石けんを塗る

    汚れ部分に直接ウタマロを塗り込んでなじませる

  • STEP3
    洗濯機に入れて仕上げる

    泡が付いたまま洗濯機に入れて洗濯スタート!
    汚れが完全に落ちた場合は洗濯機に入れずそのまますすぐだけで◎

余洗いにウタマロ石鹸を使うっていうイメージですね✨

「落ちない泥汚れ」を落とす!2つの使い方

ウタマロせっけんは「ガンコな汚れに強く、白さを取り戻す!」っていう特徴があります。

  • 諦めていたユニフォームの泥汚れ
  • 皮脂汚れや砂、土など頑固なくつ下汚れ

普段の洗濯だけでは落ちにくい汚れをしっかり落としてくれるので、泥汚れがつきもののスポーツをするお子さんや、大工さんなど現場仕事で頑張る旦那さんがいる家庭ではかなり重宝すると思います!

歯ブラシで落とす

普通の洗濯で泥汚れが落ちにくい理由は、水に溶けない不溶性の細かい汚れの粒子が線維の間に入り込んでしまうから。

揉み洗いする前にブラシで繊維から汚れをかきだして、さらに汚れを押し出す力に優れたウタマロ石けんを使えば泥汚れもスッキリ🥰

ただブラシで擦りつけるんじゃなくて、繊維を意識しながら粒子をかき出すイメージで洗うとみるみる綺麗になりますよ!

※強くこすりすぎると衣類を傷つるので注意してください

乾かしてから洗う

広範囲に泥がついちゃった時はこの洗い方がオススメ!

むやみに衣類に水を含ませると水流の力で泥が線維の奥に入ってしまうから、なんでも水につければ良いっていうわけではないんです。

水流で奥の方まで泥が入ってしまえば超音波洗浄を使わないと汚れが落ちなくなるなんて言われてるくらい‥

だから広範囲に泥がついちゃった時は、まずは泥がついた部分をしっかりと乾かし汚れをはたき落としてからウタマロを使って洗ってみてください。

もし衣類が濡れてる時はドライヤーを使って乾かすのも◎

「目立つシミ汚れ」を落とす!2つの洗い方

洗面器の中にあるウタマロ石けん

ウタマロ石けんはシミ汚れを落とす時にも重宝します。

シミ汚れはウタマロリキッドでも落とせるんだけど、2つには違いがあるので基準を参考に使い分けしてみてください!

ウタマロ石けん蛍光増白剤が配合されてるからきなりやオフホワイトの淡色の衣類は白っぽくなる⇒白い布ものに威力を発揮する
ウタマロリキッド中性・無けい光で色柄物も色落ち、変色しない⇒柄物、おしゃれ着洗い向け

たたき洗い

ソースや醤油、ワインなど色の濃いものでシミができてしまった時はたたき洗いが効果的!

もみ洗いした後、シミがある部分に濡れたタオルをしき、シミの上から歯ブラシで叩いてシミをタオルの方に移して染み抜きしていきます。

だいたいシミが移ったら、洗濯機に入れて洗うだけでシミ汚れもスッキリ✨

付け置き洗い

時間が経ってしまった汚れには、つけ置き洗いが最適です。

ウタマロ石けんでもみ洗いした後、ぬるま湯をはったバケツや洗面器に入れます。

ぬるま湯で汚れがゆるみ浮いてくるから、普通に洗濯機で洗うよりシミ汚れが早く綺麗になるんです🎵

除菌・消臭できるからくつした洗いにもピッタリ!

ウタマロ石けんは驚異的な洗浄力を持つだけでなく、除菌・消臭効果まであるって言われてるんです!

見える汚れを落とすだけでなく、臭くなりやすい靴下や靴、清潔に保ちたい赤ちゃんのスタイや衣類の洗濯にもピッタリ🙆‍♀️

もちろん全ての菌を除菌してくれるわけではないけど、ジメっとして菌が増えてしまいがちな梅雨の時期の部屋干しにも使いやすいです。

おわりに

ウタマロ石けんは固形タイプだからゴシゴシ洗いもしやすく、プチプラだから気になる汚れにどんどん使えるっていうのがお気に入りポイントです!

洗面所に1つあるだけで心強いので、ガンコな汚れでお悩みの時はぜひ使ってみてください😁✨